金剛筋シャツの唯一の難点が「洗濯」です。

金剛筋シャツの衣類タグを解読すると、洗濯機NG、洗濯機NG、外干しNG!というデリケートな取り扱いをしないといけないことが判明。

つまり手洗い推奨!

我が家では金剛筋シャツを普通に洗濯機にかけ、乾燥機にかけていました!!

当初金剛筋シャツの縮みや伸びが怖かったので、試しに3枚購入したうち1枚だけやってみましたが、洗濯&乾燥機をかけていない物とサイズは変わらず。

着用した時の着圧感も変化ありません。

公式に推奨される洗濯方法と、私個人の金剛筋シャツの洗濯を参考にして最適なクリーニング方法を模索してみてください。

金剛筋シャツの洗濯方法は手洗い推奨

金剛筋シャツの効果はスパンデックスというゴムのような弾性力を持ったポリウレタン繊維が発揮しているのですが、そもそもこの「スパンデックス」っていうのは具体的にどの様な取扱をすればいい素材なのか調べてみました。

金剛筋シャツの洗濯方法は、他の服と同様服のタグに記載してあるのですが、洗濯表示が新基準になっていてわからない(笑)

ということで洗濯の取扱方法について新基準でなんてかいてあるのか解説します。

我が家は金剛筋シャツのメーカーからみたら違反レベルの洗い方をしていますね。

でも、実際に3ヶ月以上金剛筋シャツを洗濯機&乾燥機にかけてるけど、伸びないし破れません。

実際に我が家で金剛筋シャツを洗い続けた結果がこちら↓

大変嬉しい結果ですが、金剛筋シャツはほぼ伸びず、加圧力をキープしてくれています。

家事の手間減らし・花粉症対策のため乾燥機に毎日かけており、金剛筋シャツも一緒に乾燥していますので、もしかすると「縮んだ」結果、伸縮性が維持されているように感じるのかもしれません。

でも、着圧のきつさを感じていないし、嫁も急激に痩せたわけではないので「金剛機んシャツの着圧は洗濯で変化なかった」というのが我が家の本音です。

楽天の評価で「すぐ破れた」という書き込みがありましたが、我が家では特にほつれず破れず縫い目も脇も綺麗なままです。

写真の脇部分が少し薄いように見えますが、コレは購入当初からこの薄さだったように思います。

ただ、脇に毛玉がたくさんつきますので、体型がムチムチ肥満で擦れる量が多い方は毛玉ができている部分が破れたりほつれる可能性があるかも。

金剛筋シャツを長期着用すると毛玉が出てきます

金剛筋シャツの伸縮繊維なのか、脇の下、腰など摩擦が多い部分に毛玉が出てきます。これはセーターで毛玉ができやすい部分と一致していますので、同じ部位に毛玉ができると考えてもらえればOKです。

金剛筋シャツはインナーなので、外見で毛玉がいっぱいあるのは見えませんが、気分・モチベーションの問題、着替えが多い方は人目が気になる可能性があります。

使用上は毛玉ができても問題ありませんが、一般的なシャツと同じように1年持てば良いほうなのかな~と思いました。(だからみんなまとめ買いするんですね)

金剛筋シャツの洗濯方法まとめ

金剛筋シャツの効果を長持ちさせるのにはスパンデックス素材に優しい取扱をすべきですが、そうはいっても購入者としてはどこまで優しい取扱ができるか落とし所を見つけるべきかなと思いました。(乾燥機でも一応縮みはないですし、奥さんにコレだけ手洗いしろとか言えないでしょ)

いずれにしても3年ほどでぼろぼろになる可能性あるので、各自、効果・コスパ・使い勝手(家事の時短)等を天秤にかけて落とし所を見つけてください!

スパンデックス線維の劣化は避けられないので、ダメージを与えやすい要因を頭の片隅に入れておきできる範囲で取扱の参考にしてください!

スパンデックス(ポリウレタン繊維)が劣化しやすい条件は、

  • 空気中の水分
  • 排気ガス等
  • 塩素による影響
  • 日光・紫外線・熱
  • 体脂、皮脂、汗、ボディオイル等

耐熱温度(融点)は150℃から230℃です。乾燥機は高温といっても80℃程度なので金剛筋シャツのスパンデックス繊維が溶けることはなさそうです。

金剛筋シャツの洗濯方法に公式推奨の方法を理解しつつ、家での洗濯負担等を考えて調整してみてください。金剛筋シャツの洗濯については、公式推奨の洗い方以外だと劣化が少し早くなるよ、という理解でOKだと思います。
>>金剛筋シャツの効果を覗いてみる